Dean
                      Shimauchi Translation
ディーン・シマウチ翻訳事務所
仕事歴:字幕翻訳の戯言 < DeanShimauchi ホーム
ホームページ
プロフィール
仕事歴
劇映画字幕
ドキュメンタリー字幕
テレビ番組字幕
ショートムービー字幕
日本語→英語字幕起こし
DVD字幕
プレス資料など
書籍翻訳
翻訳料金

翻訳料金

お問合 せ
info[at]deanshimauchi.com



字 幕翻訳者 の戯言 アーカイ ヴ    55          < リスト へ >
電撃BOPのセクシーマザー ファッカーズに!!     島田角栄監督
東葛国際映画祭にて審査員特別賞を受け た怪作は、いきなりタイトルからして既にラモーンズ臭を発 散しており、漏れたガソリンのように空気をパンクな匂いで充満させています。 が、この映画の恐ろしさは、パンクはパンクでも何しろ30年遅れてきたパンクであり、しかも大阪的猥雑 さの胡椒が効きすぎるほど効いている、というとこ ろ。濃い!!。「さっき向こうのビルから飛び降りたけど、微妙な高さやったから死なれへんやった!」と いってもう一度飛び降り直す男、という近来まれに見 るオープニング。ヤクザ狩りをするサラリーマンが、ヤクザと間違えてパンク少年を日本刀片手に追い回 す、という軽快な導入。主役のオカジマもパンクスで、 彼もヤクザと間違われる。いや、東京だったら絶対パンクスとヤクザ間違われへんて。ヤクザ狩りのアン ちゃん曰く「お前がヤクザやったら両手切断せなあかん な。悪い事できないようにすんねん。ほんでこの盆栽を手を使わんと、口と足を使って育てろ。この盆栽は お前の心や。美しい盆栽になるにつれて、お前の心も 美しくなる」なんていう素敵な脅し文句。この映画の凄まじいところは、全編がこの調子でしゃべりまくる というところ。上映時間101分、字幕総数1300 枚弱。「トッピな例え話」がちりばめられているこの映画(どのくらいヤバいかて言うたら、初めて彼女の 家にいったら、映画ザ・フライの物体転送ポッドがお いてあって、彼女が壁に貼付いてるくらいヤバイよな)、その例え話がほとんど全部「映像化」されてるの がサイコーです。タランティーノっぽい印象を受ける 時もあるけれど、全然違う燃料で走っている「電撃BOP」は、その疾走度においてタランティーノの比で はない。客に媚びてないですもん。 更に、執拗なまでの肛門、直腸方面への執着。ジェンダー境界の溶解。親子の確執の異常な結末。心理学的 に見ても、すごく面白い分析ができるのではないだろ うか。 乗り損ねたらもうついていけない。でも、ついていけなくても大丈夫。いかしたラストが待っている。字幕 翻訳者泣かせの名台詞の数々。そのパフォーマンスに 酔えれば、もうそれでオッケー! 「オカン、自分の指切断して、毎月もらう保険金で俺を育ててくれてありがとう。」 映画って、コッチいってもいいんだようなア、ということを思い出させてくれる、滅多にでない快作です。 絶対、海外のどこかで、話題になるって。東京公開お めでとうございます。アップリンクXで2007年3月です!2007年10月5日にはロンドンの 「REX」でレインダンス映画祭の一環として上映されまし た。反応はいかに!?
< リストへ >
Dean Shimauchi Translation Services ©2014 all rights reserved
ホームプロフィール
劇映画字幕ドキュメンタリー映画字幕テレビ番組字幕ショー トムービー字幕日本語→英語字幕DVD字幕
プレス資料etc.書籍翻訳業務内容
戯言アーカイヴ