Dean Shimauchi Translation
ディーン・シマウチ翻訳事務所
仕事歴:字幕翻訳の戯言 < DeanShimauchi ホーム
ホームページ
プロフィール
仕事歴
劇映画字幕
ドキュメンタリー字幕
テレビ番組字幕
ショートムービー字幕
日本語→英語字幕起こし
DVD字幕
プレス資料など
書籍翻訳
翻訳料金

翻訳料金

お問合せ
info@deanshimauchi.com



字幕翻訳者 の戯言 アーカイヴ     80          < リストへ >
@boom, Blog Pilot
 「@boom」というデジタルクリエイター企画の中のデジ タル・イラスト・コン ペ用ブログ「Blog Pilot」のweb告知をサラッと英語で書く仕事がありました。これはフジテレビとアドビが提携しているイベントで、楽しそう。私も描きたい、けど時間 がない。
  この告知は「ワールドコン2007」の開催にあわせて2007年8月30日にアップされましたが、なんとワールドコンは横浜で開催だ、ということをこの時 知ったのでした。ワールドコンといえば元祖SFファンタジー系ファン大会ですから、ガイナックスの前進となったDAICON-FILMとか、漫画版のコミ ケとか造形版の ワンフェスとかのお祖父さんみたいなものでしょうか。何しろ1939年からほとんど毎年やってるわけです。しかもその39年の第一回ワールドコンでは、す で に「コスプレ」が行われている!という事実。フォレスト・J・アッカーマンが女性同伴でコスプレしている写真がweb上でも発見できます。アッカーマンは 普通のアマチュアではないので、今の日本のコスプレとはちょっと趣が違うのかもしれませんが、その後ワールドコンやコミックコンでコスプレする人達に先鞭 をつ けたという意味では、やはり元祖なのではないかと思います。私はスターログ世代なので、今から30年近く前に「オオ、アメリカのファンは映画とかマンガの キャラクターと同じ格好してるぞ!しかも女性は露出度が高い!」とかくだらないことで感動していました。ヴァンピレラとか(これもアッカーマンですが)。
 1939年といったら、日本は戦争に向けて思想は統制されるは生活が厳しくなるは、大変になる直前ですよね。もうすぐ漫画すら「ケシカラン」というご時 勢になっていく時です。そんな時にフォレスト・アッカーマンはSF キャラの格好をしてパーティーをしていたわけです。この「大量消費文明深度」というか「享楽度」が、当時の日本とはあまりにも違う。40〜50年の差なの で はないでしょうか。先日「ティファニーで朝食を」を英語で読み直す機会があったのですが、あの話も第二次大戦中の話ですからねえ。あんなときに、あんな享 楽的な・・・。戦争で兄弟が死ぬとかいう現実が片方でありつつ、同時に毎晩社交界をヒラヒラと泳いでは日銭を稼ぎ、酒だクスリだと忙しいホリー。もちろん アメリカ中がそうだった訳ではないのはホリー・ゴウライトリーの最初の旦那が文明からはかなり離れた中西部のド田舎から出てくることで明示されます。彼は むしろ 「大草原の小さな家」に近い方の生活をしている。でも一方ではバブル期の日本みたいな生活も存在していたわけで、この差にもちょっと愕然としました。
 このレ ベルの大量消費文明度に達していた人たちに対して、当時の日本人はさだめし気味悪く映ったのではないでしょうかね。今、私達が北朝鮮の人たちに覚える気味 悪さに近いものが。さあ、また何の話かわからなくなってきましたね。
 コスプレの話に戻りますが、ズーッと前からコスプレしているアメリカのファンというかオタクのことを若い人は知らないのだよなあ、と思わせるweb記事 が あったので、こんなエントリーを書く気になったのでした。
http://mantanweb.mainichi.co.jp/web/2006/07/1_3.html   
別に早けりゃいいというものではないが、70 年遅いよ。
それに日本SF大会の人たちだってずっと前から仮装していたんだろうに・・・。狭義には違うものだと捉えるのだろうか。

 もっとも、第一回ワールドコンの後何十年も の間、スターウォーズがファンタジーものをフツーの人のものにするまでは、アメリカの趣味の人たちもかなり白い目で見られながらのファン活動だったわけで すね。「Get a life」とか言われてバカにされながら。今も一般的にはそうか。でも変わった人に対する許容度は、もともと高いですから。
< リストへ >
Dean Shimauchi Translation Service ©2007 all rights reserved
ホームプロフィール
劇映画字幕ドキュメンタリー映画字幕テ レビ番組字幕ショートムービー字幕日本語→英語字幕DVD字幕
プレス資料etc.書籍翻訳翻訳料 金
戯言アーカイヴ