Dean Shimauchi Translation
ディーン・シマウチ翻訳事務所
仕事歴:字幕翻訳の戯言 < DeanShimauchi ホーム
ホームページ
プロフィール
仕事歴
劇映画字幕
ドキュメンタリー字幕
テレビ番組字幕
ショートムービー字幕
日本語→英語字幕起こし
DVD字幕
プレス資料など
書籍翻訳
翻訳料金

翻訳料金

お問合せ
info@deanshimauchi.com



字幕翻訳者 の戯言 アーカイヴ     118          < リストへ >
闘茶
 <闘茶 〜Tea Fight〜ヴィック・チョウ プレミアムBOX>というのが発売になりましたね。さすがはアイドル。この映画の字幕翻訳をしたのは1年以上前でしたが、きれいな、変わった映画だ なあと楽しくやりました。

 冒頭のアニメーションの部分がイキナリ凄い!さすがはSTUDIO4℃だなあ、と。墨絵がそのまんま動いてる感じですね。中国では実際に「墨絵 アニメ」ってのがあり、東京都写真美術館でビデオを売っていた(10年も前の話です)のを友人が買ってきて見せてくれて衝撃を受けたことを思い出しまし た。スタイルは全然違うんですが。
[小蝌蚪找媽々山水情鹿 鈴、という三作品で した。1960年制作の「小蝌蚪找媽々」のおたまじゃくしを見ると、おおトトロの先をいっとる!と関心するアニメーションです。鹿のアニメーションも凄い し、山水情の抽象的な風景が・・・いいんですよ。全然闘茶と関係ないですね。脱線はいつものことで]

 闘茶の登場人物は皆、濃くて識別しやすいというか、皆とても華がある。香川さんは華のない役ですけど・・・見かけはしょぼくても、演技でしっかり華を添 えてますね。
ヴィック・チョウが青の入った髪で青いコートをなびかせて出てきたときは「アニメのキャラだ!」と思いましたね。端整なので、なおさら。でも悪い意味では なくて何かこう歌舞伎みたいな京劇みたいな極度に様式化された立ち居ぶるまいがカッコイイというか。かっこ悪い人がやったら、あれはダメだったと思います よ。なにかちゃんとした人間の演じるブラックジャック(手塚治虫の)はこういう系かな、とか思ったり。新しい可能性。

 香川さんは東京の人なので北京語も京言葉も演技なわけですが、うまいなあ。外国語で生計を経てている身としては、なにかあの「音響的勘のよさ」は羨まし いですね。ちゃんと中国語の「音」として消化して発声されているように聞こえます。片仮名じゃなくて。

 さて「闘茶」は台北国際映画祭、プチョン国際映画祭、カイロ国際映画祭といった国際映画祭で上映されて外国にもちゃんと出て行って(台湾はお里帰り か)、字幕翻訳をした者としては嬉しいことです。こういうちょっとトンだ発想の映画をきっと昔は「漫画みたいだ」なんて言ったんでしょうが、確かにマンガ /アニメ的シチュエーションですけど(茶で勝負、とか少年ジャンプみたいですが)それが今はオーケーですね。

 変わった勝負モノとしてはとことん映像がきれいで、独特の宇宙を有しています。いきたいなあ、台湾。

< リストへ >
Dean Shimauchi Translation Service ©2008 all rights reserved
ホームプロフィール
劇映画字幕ドキュメンタリー映画字幕テ レビ番組字幕ショートムービー字幕日本語→英語字幕DVD字幕
プレス資料etc.書籍翻訳翻訳料 金
戯言アーカイヴ