Dean Shimauchi Translation
ディーン・シマウチ翻訳事務所
仕事歴:字幕翻訳の戯言 < DeanShimauchi ホーム
ホームページ
プロフィール
仕事歴
劇映画字幕
ドキュメンタリー字幕
テレビ番組字幕
ショートムービー字幕
日本語→英語字幕起こし
DVD字幕
プレス資料など
書籍翻訳
翻訳料金

翻訳料金

お問合せ
info@deanshimauchi.com



字幕翻訳者 の戯言 アーカイヴ     133          < リストへ >
冷たい熱帯魚
内容に関する直接的な記述は公開前なので控えます。
いろいろ書いてありますが、読んでも内容はわからないですよ!

「痛い映画」

 何が痛いかは見てのお楽しみ。

 しかし園子温監督作品である以上、その「痛さ」はとてつもない毒と滑稽な笑いと性的な過剰 を伴うものであるのは避けようが無い。露骨で過剰で詩的。

 人間が持つにいたった道徳観とか倫理観とか、欲望とか欲求とか自己とか家族とか社会とか愛とかいったものを文字通り「解体」する映画。

 おぞましく滑稽な、しかし「ソシオパス」の教科書の見本のような登場人物たち・・・ 身勝手、嘘つき、虚言放言、誇大妄想、口八丁で罪悪感がなく、他人のものは俺のもの・・・

 アメリカ映画だったら重苦しいサイコパスものになりそうな題材。

 でも園映画なので切り口が違う。犯罪の「事件性」を描くのではなくてそこから見える人間の 「痛さ」をとことん掘り下げていく。

 他人を骨までしゃぶって生きる妖怪のような男(とその周囲の妖怪たち)に取り込まれていく 恐怖が、すごくフツーのことのように展開していく異常な世界。

 最初は詐欺の話だが・・・ほどなくそんな生易しいモンではなくなっていく・・・

 サイコな彼はいつも自分が利用できる相手を、弱い獲物を探しているプレデター。そして相手の弱みにとてつもなく敏感で、食い物にしていく男。目をつけら れたら最後、逆戻り出来ない 。逃げられない。しかも一見、人の良いオッチャンみたい・・・すごく怖い。

 そこには自己啓発セミナーとかカルト宗教とか、ネズミ講とかいかがわしい動物愛護団体とか、盲信的な小集団が持つにいたりガチな心理的な罠がいっぱい。 空絵事ではなく、いつもどこ かで起こっている「狂気」に絡みとられていく恐怖。

 しかし付け入られる犠牲者の方も全然「善人じゃない」のが園映画。ずっと小さな規模で自分 勝手で嘘つき。小さな小さな悪人。そのことを完全に見抜かれて掌握され完全に所有されてし まう。

 色々とドス黒いものが暴き出され解体され、最後には何と「家族」の問題に着地する。

所帯を持つなら命がけで持てよ!

 そんな印象がクラクラになった頭の中に、スケーターズワルツ(Les Pâtineurs)にのってリ バーブしながら映画は幕を下ろすのであった。

 人間の存在そのものの「痛さ」を痛烈に観客の「骨」に刻み込みながら。

「痛いんだよぉ」

その通り。

痛いけど、痛みからの解放を伴った痛みです。

2010年9月のヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門で上映されます!

< リストへ >
Dean Shimauchi Translation Service ©2011 all rights reserved
ホームプロフィール
劇映画字幕ドキュメンタリー映画字幕テレビ番組字幕ショー トムービー字幕日本語→英語字幕DVD字幕
プレス資料etc.書籍翻訳翻訳料 金
戯言アーカイヴ