Dean
                      Shimauchi Translation
ディーン・シマウチ翻訳事務所
仕事歴:字幕翻訳の戯言 < DeanShimauchi ホーム
ホームページ
プロフィール
仕事歴
劇映画字幕
ドキュメンタリー字幕
テレビ番組字幕
ショートムービー字幕
日本語→英語字幕起こし
DVD字幕
プレス資料など
書籍翻訳
翻訳料金

翻訳料金

お問合 せ
info[at]deanshimauchi.com



twitter

字 幕翻訳者の戯言 アーカイ ヴ     170          < リスト へ >
「GANTZ:O」
 2017年2月からNetflixで世界中に 配信された「GANTZ:O」、数か国語の字幕付き、英語は吹替えもありといたれり尽くせりの環境のよ うです。あの凄まじい表現に度胆を抜かれた人が世界中にいることが、ツイッター等の反応からみてとれま す。「ともかく観ろ」的なコメントも多いですね、素晴らしいことです。 この作品の凄さは、やはり凝りに凝ったCG表現。妖怪や武器、兵器の描写といったものに目が行きがちですが、例えば武器を振り回し続けてクタクタになると か、嬉しくて大慌てで戸外に駆け出すとか、そういっ た身体表現がとてつもなくちゃんと作ってあります。そういった積み重ねがあった上で派手な戦闘描写や、 各キャラクターの表情と言ったものが活きるのでしょう。いや、凄まじいです、重力の表現。「ゼロ・グラ ビティ」は物語を通して描いた物理の法則だったと思いますが、「GANTZ:O」も重力の映画ですね。 重心と重力、遠心力、慣性、そういったものの制約が、逆説的に登場人物たちの軽やかさを見事に支えてお ります。その上で、あの艶やかで恐ろし気な大阪の街並み、水飛沫、炎に煙、血糊、音、すべての要素が演 技をしている。癖になる映画世界です。お披露目は2016年のヴェネチア国際映画祭でしたが、あの映画 祭はかなり早い時期からデジタル映画に何らかの賞を与える試みを続けており、「GANTZ:O」は正に 打ってつけの映画でした。

< リストへ >
Dean Shimauchi Translation Services ©2017 all rights reserved
ホームプロフィール
劇映画字幕ドキュメンタリー映画字幕テ レビ番組字幕ショートムービー字幕日本語→英語字幕DVD字幕
プレス資料etc.書籍翻訳業務内容
戯言アーカイヴ